本文へスキップ

滑り止め施工はお任せください!マンション、ビル、階段、浴室、プールサイドなど多数の実績がございます。

TEL. 03-5510-8080

〒105-0004 東京都港区新橋3-1-9 301新橋ビルディング6F

ノンスリップマスター

CSRについて

※CSR(斜め引張形すべり試験機)

☆東工大式滑り試験機で測定した結果出た値をCSRと呼び、摩擦係数値ではなく、
 滑り抵抗値と呼びます。
 歩行動作の条件(鉛直荷重・初期引張り荷重・前置時間・荷重速度)で、滑り片を斜め情報に引っ
 張った時の引張荷重・時間曲線から滑り抵抗を算出します。

<製品仕様:OH-101>(携帯型滑り試験機)

■ 測定原理 ■
床面と接触する面積が30?のすべり片に、20kgの荷重をかけて斜め上に引っ張り、スベリ抵抗値を測定する。

※ CSRは「Coefficient of Slip Resistance の略
※※ CSR=0.00(最小値)〜0.99(最大値)


滑り抵抗値(CSR)の算出法

  CSR=表示数値/196
    =荷重計(ロードセル)の値 Kgf(又はN)/20Kgf(又は196N)

■ 滑りの評価指標 ■
滑り最適値及び許容範囲(但し、測定機製造メーカー指標)

安全数値範囲
評価分類
0.40〜0.9
下足で歩行する場合(靴、サンダルなど)
0.35〜0.9
上足で歩行する場合(靴下、スリッパなど)
0.45〜0.9
素足で歩行する場合
0.5 〜0.9
傾斜路部分
※ 歩行者の安全性と快適性を評価軸にした、建築物の床面を測定する試験方法。
※ 人間の動作・感覚を取り入れた評価方法

バナースペース

株式会社メンテックカンザイ

〒105-0004
東京都港区新橋3-1-9
301新橋ビルディング6F

TEL 03-5510-8080
FAX 03-5510-8082